印象を左右する重要性|綺麗にホワイトニングをする歯科の見極め方

歯

補助器具を作っている場所

診察券

歯の治療には、入れ歯や銀歯など、様々な補助器具が使われます。これらの補助器具は、歯科技工所という場所で制作されていて、多くの歯科はそこから仕入れています。歯科技工所で作られる補助器具は完成度が高く、患者からも歯科医院からも高い評価を受けているのです。なぜ、歯科技工所では質のよい補助器具が作られるのかといえば、技術力が優れているからです。歯科技工所には、差し歯や入れ歯など一般的な技工物から、特別な技術が必要な技工物などがしっかり作れるように、専門の技工士が揃っています。歯科技工所独自の教育制度によって、日々開発される最新の医療技術に対応出来るような人材育成をしているのです。また、技工物を3Dで見られるような最新の設備を導入して、より完成度の高い物が作れるように体制を整えています。細部まで確認できるので、患者や歯科の要望に沿った入れ歯などを作ることが出来るのです。

また、歯科技工所で作られる補助器具は、素材によって保険が適用されるものとされないものがあります。例えば、セラミック素材の器具はすべて保険の適用外です。よく、矯正に使われる器具や、ホワイトニング用のマウスピースなどは基本的には保険が効きません。また、歯に詰め物をするとき、保険適用の場合は、銀色の詰め物が使われます。このように、歯科技工所では、保険が適用される、されないに関わらず数多くの技工物を制作しているのです。歯科医院で補助器具を施された時、歯科技工所でどのようにして作られているのかを考えてみるのも面白いはずです。

Copyright© 2016 印象を左右する重要性|綺麗にホワイトニングをする歯科の見極め方 All Rights Reserved.